ろうの高校生への遠隔情報支援
授業や部活で先生の音声をICTで文字にする!




                                                              遠隔パソコン文字通訳システム
 

一般高等学校に通う≪ろう生徒≫への情報を支援しています

現在、日本の一般高等学校ではろう・難聴生徒に対する情報保障の制度がありません。彼らは主に「ろう学
校高等部」と「一般高等学校」に通っていますが、大学に進学する生徒の多くは一般高校を卒業しています。し
かし一般高校の授業で得られる情報量は極めて少なく、過大な自主学習よにって成績を収めているのが実態
です。義務教育である小・中学校で特別支援学級(難聴学級)など教育の環境整備がすすむ中、その生徒たち
の進路である高等学校の情報保障は大幅に遅れています。高等学校が準義務教育化するいま、ろう生徒たち
が自己目標の達成に向け確かな学力を身につけられる教育環境の整備は急務であり、高等学校(後期中等教
育)における諸事情を考慮すると現段階では筑波技術大学が研究開発を行っているT-TAC captionを使用した
遠隔PC文字情報保障システムの導入が適切だと考えています。
BBEDでは、バイリンガル・バイカルチュラルろう教育の義務教育を卒業し一般高校に進学する高校生に対して、
授業や部活動での情報支援の研究と実践を行っています。

■平成26年度
JST(独立行政法人科学技術振興機構)RISTEX(社会技術研究開発センター)の平成26年度研究開発成果
実装支援プログラム
に採択されました。
<聴覚障害高校生への遠隔パソコン文字通訳での授業支援>
協力:筑波技術大学、株式会社アイセックジャパン、キリン福祉財団

■平成25年度
一般高校に在籍する<ろう生徒>を対象に、遠隔情報保障システム「T-TAC Caption」を利用して、
情報支援の研究と実践を行います。また、情報支援者の育成を継続します。
協力:筑波技術大学、株式会社アイセックジャパン、キリン福祉財団

■平成24年度
バイリンガルろう教育のろう学校へのモバイル型遠隔情報保障の試用と情報保障者の育成を行いました。
協力:筑波技術大学,株式会社アイセックジャパン,明晴学園、大田パソコン文字通訳の会、キリン福祉財団
 

新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。

お知らせ



                                                                                           お問い合わせはこちら